www.flybito.com             ふらい人のblogです。フライフィッシング関連サイトへのリンクやコメントをお待ちしています。           


by flybito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0222836_18303848.jpg

 ふらい人4月号の発行遅れます。この度の東北関東大震災の影響で、編集部および執筆、撮影、イラスト陣の「ふらい人」への集中がむずかしく、発行が4月第2週以降となってしまいます。4月号を楽しみにお待ちいただいているふらい人の皆さんにはたいへん申しわけありませんが、しばらくお待ちいただくようお願いいたします。
[PR]
by flybito | 2011-03-29 18:31 | お知らせ

#10 被災地に花を

d0222836_025433.jpg

 東北地方太平洋沖地震の犠牲となられた方々のご冥福をお祈りし、被災された方々に心よりお見舞いを申しあげます。
 地震と津波に襲われた地域には、わたしたちの仲間がたくさん暮らしています。関東以北に住むふらい人のメインフィールドのひとつでもあり、思い出の多い土地で起きた災害にはほんとうに胸が痛みます。
 震災後、岩手に住む親しい友人の宇田清さんに連絡を取り、石川寛樹さん、高橋啓司さんとご家族の無事を確認しました。宇田さんの友人に災害に巻き込まれた仲間がいないかどうかを問い合わせたところ無事であるということで、ひとまずほっと胸を撫で下ろしてはいますが、わたしたちの知らないところで、ふらい人が生命を落としたかもしれず、とても手放しで喜んでいられるような状況ではありません。
 今日のお昼ごろに、
「カンパネラに電話が通じないけれども、彼らは無事なのか?」
 と 宮坂雅木さんから電話が入り、せっかく掲示板としても存在している、ふらい人のこのblogが機能していないことを反省しました。もし伝言板として活用できるのなら、是非、コメント欄をお使いください。
 被災地の一日も早い復興を祈って止みません。
[PR]
by flybito | 2011-03-19 00:29 | お知らせ

#9 初釣り

d0222836_22443252.jpg

 3月11日金曜日、会社のフライフィッシング仲間4人と誘い合って釣りに出かけた。ぼくたちが勤めている会社は3月31日が年度決算であり、かつ我々は4人とも営業系だから3月は最後の追い込みの重要な時期である。でも、我々は釣りに出かけた。ラストスパート同様、スタートダッシュも重要だからである。
 中央道の府中ICを抜けたのは朝7時過ぎ、現地で名古屋からやってきたGと合流した。
 川は吹雪いていた。我々は吹きつける雪をもろともせずに、ウエーダーを穿き、ベストを着て、ロッドを繋ぎ、リールを装着した。しかし川へ浸透して、わずか10分足らずで状況が我々に不利であることを悟った。そのまま予約していた民宿に直行するべきだった。しかし我々は釣り場でありがちな各自、勝手な行動を開始し、結果的に4人は離散していまい、チームは機能することがないままゲリラ戦へと突入した。
 岩の裏のたるみに重めのニンフを流しているときだった。ドン、と川底から猛烈な衝撃が突き上げてきて、ぼくはおもわずよろけた。地震だ、とおもったけれども、揺れるのではなく、ドン、ときたから、発破ではないかと考えをあらためた。しかしよくよく考えてみれば、雪崩のおおいこの季節に、山間で発破など仕掛けるはずもなかった。じっさいには大地震の第一波だった。しかし残念なことには、川で釣りをしているふらい人は目の前で起こっている細かな自然科学的な状況分析は得意でも、地球規模の事象にはまるで想像力がなかった。半日やって、4人でイワナが1匹釣れた。
 宿の露天風呂は地震の影響で岩底が割れていた。お湯のない湯舟は寒々しかった。身体を温めるために、酒を飲んだ。あの吹雪のなか、4人合わせて1匹という成果は、輝かしくはなかったが、恥ずべきでもなかった。飲み過ぎたのは明らかに地震のせいだった。翌朝、我々は2泊3日の予定を変更し、中央道の開通を確認してから、急遽、東京にもどった。
[PR]
by flybito | 2011-03-13 22:51 | 釣行記

#8 ふらい人のアイケア

d0222836_12323988.jpg

 ここ数年、イブニングライズの後、極端に視力が落ちて、夜の高速道路での運転が怖い。ルームミラーで目を見ると、激しく充血している。大ヤマメを釣り上げた興奮が冷めやらずに血走っているのであればいいのだが、まずそんなことはありえない。ライズが取れないまま、闇のなかを流れる頼りなげなフライを延々と見つめてつづけているからそうなるのである。当然の結果にはちがいないが、若い頃はこんなことなかった、ともおもうのである。
「老いは目から」といわれるが、 ふらい人にもっとも酷使される器官は目であり、 なにか対処策はないのかプロに相談してみた。以下は北海道北見市の滋野薬剤師からいただいたアドバイスである。これで今年は夕暮れにライズするあの大ヤマメを釣り上げることができたも同然だ。

滋野薬剤師のアドバイスはこちら
[PR]
by flybito | 2011-03-06 13:08 | ふらい人診療所

#7 お知らせ

d0222836_1311282.jpg

 ふらい人のblog<Toward The Water>は3月号より<Voice of ふらい人><News>と統合した形で、こちらに引っ越してまいります。ただいま準備中です。もうすこしだけお待ちください。
                              ふらい人編集主幹より
[PR]
by flybito | 2011-03-05 18:00 | お知らせ