www.flybito.com             ふらい人のblogです。フライフィッシング関連サイトへのリンクやコメントをお待ちしています。           


by flybito
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

#6 イエローストーン往復書簡

d0222836_19452035.jpg

 bbb様

 立山連峰を背景に富山の梅がほころび始めたというニュースを目にしました。日本は春、解禁に向けて心が弾む頃かと思いますが、お元気ですか?

 今さっき、Dillonのパタゴニア・クレージーセールから帰ってきたところです。日ごろから20%から30%オフなのに、その値段からまた40%オフになるのでもうお店は狂気の世界。実は昨日いこうと思っていたのが大雪でいけなくなり、今日もこっちは5、6インチの雪でいこうかどうか迷っていたのですが、マジソン川のライオンズ・ブリッジあたりからまったく雪がなくなり、Twin BridgeもDillonもSummer!! かと思うほど穏やかな天気で雪のひとかけらもありませんでした。雪のウエスト・イエローストーンにかえる途中に「グレン・ブラケットさんはじめこのあたりの人が優しく親切なのは、宗教的なことよりも天候が穏やかだからかも」とリックに話をしたら、妙に納得していました。

 「ふらい人」2月号拝見させていただきました。フォトギャラリーには初冬のマジソン川がたくさん出ていていましたね。あれをみると、「これから冬がくる」という恐れというかさびしさというかを感じてしまいます。
 1月は4日しか太陽がでませんでしたから、本当に鬱のようになり、家にいて怠け者のくせに頭痛や肩こりが絶えず、とうとうビタミンDのサプリメントをとることになりました。2月に入り少しずつ日も長くなり、ときどき暖かな太陽をあびると本当に気持ちも体も元気になるような気がします。きっと氷点下の日々で緊張していた体中の筋肉が緩むのだと思います。



 でもまだまだイエローストーンの母なる大自然はそう簡単に春にはなってくれないようです。
 外にでれず暇なので、You tubeなるもので遊んでみました。私の持っている単純なデジカメでも結構遊べるものですね。

Just Snowy, Windy
20号線 Henry’s Fork付近

 写真はbbbさんなつかしのマジソンリバー・バーンズ・プール#2です。今はもっと雪があります。
 それでは、どうぞよい解禁を。3月号楽しみにしております。

 Vivianこと、Minori
 West Yellowstone,MT
 U.S.A

* * * * * * * * *

 Minori様

 グレンが親切なのは宗教的な背景からではなく、気候のせいだというMinori説に関しては、是非とも今度彼に会ったとき、直接本人に意見を聞いてみてください。もちろん気候のせいで彼は優しいから、鷹揚にMinori説を受け入れてくれるはずですが、万が一、
「それは世界をかなり限定的に見過ぎているんじゃないかい? だったらイエローストーンより暖かい東京に暮らしている人は親切なのかな?」
 というような質問が返ってきたら、
「ええ、bbbさんはとっても親切よ」
 を自信を持って返答してください。きっと気候のせいで優しいグレンのことだから、
「そうだね、彼は世界で一番優しく、親切な男だ」
 と答えるはずです。ありえないとはおもいますが、
「えー、bbbがかい? Minori、 騙されてるんじゃないの?」
 といったならば、グレンが優しくて親切なのは気候のせいじゃなくて、おそらくMinoriさんが彼に騙されているんだとおもいます。

 昨年10月末のマジソンは、
「これから冬が来るぞー!」
 という冷たい気配に満ち満ちていて、旅行者のぼくとしてはその寂寥感こそが魅力でした。しかし現実にそこに暮らす人の眼には、暗く湿ったながいトンネルの入口のような、ただただ憂鬱な光景に映っていたのでしょうね。
 写真のバーンズ・プールはすでにしてかなり懐かしくて、雪に埋もれていたとしても、一刻も早くもどりたいという衝動にかられます。
 じっさい雪のなかより、川のなかの方が暖かいわけだし、釣りができないわけじゃない。アップされたばかりのブルーリボンのblogでもマジソンの鱒たちのライズは本格的だし、クレイグも相変わらずの調子だ(Minoriさんはウエスト・イエローストーンにあるフライショップ「Blue Ribbon Flies」で働いている。フライショップにミシェラン・ガイドがあるとしたら三ツ星まちがいなしの著名店であり、世界中から集まってくる名人級のふらい人に向かって「今日はどこに行くの? ああ、そうなの、今日の天気だったら夕暮れのハイドロサイキのハッチはまちがいないところだから、このフライをわすれないで」なんて英語でやっているわけで、ぼくにはとてもそんな度胸も自信も、もちろん知識もない。bbb附記)。
 来年はパタゴニアのクレージーセールにタイミングを合わせて、禁漁寸前のマジソンでミッジ・フィッシングにトライしてみようかな。
 いずれにしても住民にとっては迷惑であろう今冬の異常な雪のおかげで、夏のイエローストーンは絶好調が約束されたようなものですね。再会を愉しみにしています。

 bbb
 東京
[PR]
by flybito | 2011-02-26 19:47 | 海外のフライフィッシング